トップページ

    このサイトではシボレーの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シボレーの買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ゼネラルモーターズのシボレーを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとか近くのシボレーディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、シボレー(CHEVROLET)の買取相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーと言うくらい知名度抜群なので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大で50社にシボレーの買取査定の依頼が可能です。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからシボレーの買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐに今あなたが乗っているシボレーの買取相場が分かる上に、個人情報が流れない為、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、数年落ちのシボレーでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    シボレーの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「数年落ちのシボレーの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのシボレーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がシボレーの見積もり査定をしてくれるため、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたのシボレーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者がアメ車のシボレーを査定してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間乗ったシボレーを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した中古車の買取業者なので、外車のシボレーを売るなら他の買取業者より高額買取が実現する可能性が高いです。
    ですので、アメリカ車のシボレーであればまずはランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額を比べてみてください。

    いくつかの買取業者に見てもらった後で、最終的に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大事に乗ってきたシボレーを売りましょう。






    車買取コラム

    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう要因となってしまいます。

    かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが同様に修理歴車として見積もりされることにはなりません。

    車のボディの骨格にまで修理がされていなければ、車体やドアなどを板金で直してあっても特段に修理歴車という扱いにはならないのです。

    でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、過去に修理した履歴がある車は減額対象になるケースが多いのです。

    一般的に買取業者が中古車を見積もるときに見る点と言ったら、大きく分けると車の色や車種などの基本的な事項、ナンバープレートなどを含めた外装のキズの状態や走行距離、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、以前事故などで修理した箇所があったかどうかなどを確認します。

    以上のような確認項目に該当したらその分マイナスしていって、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

    これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、売却希望者に査定額が提示されるのです。

    手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    車検の残りが1年以下のケースでは車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、売る前に車検を実施しても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額に加算されて回収出来ることはないでしょうから、わざわざ手間暇かけて直前に車検を実施しておく利点は何も無いのです。

    これから売る予定の車のホイールが純正品でない場合は、実際に査定を受ける前にメーカー純正品にしておいた方が良いかもしれません。

    例外はあるかもしれませんが、もともとのメーカー品を装着している車のほうがプラス査定がつくことが多いのです。

    屋外環境は素材の劣化を招くので屋外保管ならカバーをかけて時々状態をチェックし、可能なら室内保管が一番手間がありません。

    別注ホイールはそのコンディション次第ではカスタムショップやネットオークションで高値で買ってもらえる例もあるため、キズをつけないようにしましょう。

    年度末で商戦華やかな3月と、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    業者の意図としては売れ行きが好調なときはもっともっと商品が欲しいと思っています。

    つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

    売却を漠然と考えているのであれば、9月というのはまさに売り時です。

    また、在庫を抱えがちなのが売れ月直後の10月と4月ですが、そこは買取額がどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。

    中古車屋の査定というのは、見落としのないよう細分化されたリストがあり、それぞれの標準からここはマイナス、こちらはプラスといった具合に客観的な値付けが行えるようになっています。

    減点評価が免れないものは、誰が見てもわかるところで車体の傷やヘコミ、塗装浮きなどです。

    そういった傷をプロに頼むのではなく自分でなんとかしようとすると、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ないパターンも少なくありません。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、普通は現状で売る方が金銭的にもトクです。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、代金の支払いなどの約束事が曖昧になりやすいですね。

    車売却というのは本来大きな金額が動く行為ですね。

    いくら親しい友人であるからと言っても、じっさいにいくらで車を売るか、支払い方法や期限はどうするか、名義変更はいつまでに行うかなど、大切な項目だけでも書類にしておくべきです。

    書面に書き残すのを面倒くさがる相手は、後からトラブルに発展してしまう危険性があるので、簡単に売買するのは避けた方が賢い選択ですね。

    中古車買取店に車を査定してもらいたい場合は、直接その車に乗って買取店に行って見てもらうか、業者にこちらに来てもらうかの二つの選択肢があります。

    自宅に業者が来ても構わないのであれば、査定士に出張してもらうことは、高値売却を狙えるということで売主側にとってはベターと言えます。

    この出張査定をうまく利用すると、多数の業者に同時に査定させることができます。

    つまり同業他社と査定額を争うことになり、高値売却が見込めるのです。

    今乗っている車を手放して売ろうとするときには何点かの書類が入り用になります。

    複数の書類が必要になると言っても、車関連の書類を紛失したりせずに全部きちんと管理していて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、新規に取得しなければいけないのは印鑑証明書だけです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて自動車を買うときにも提出が求められますから、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    中古車売買をする予定ができたら早めに印鑑証明書を取っておくと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。