トップページ

    このサイトではシボレーの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シボレーの買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ゼネラルモーターズのシボレーを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとか近くのシボレーディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、シボレー(CHEVROLET)の買取相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーと言うくらい知名度抜群なので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大で50社にシボレーの買取査定の依頼が可能です。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからシボレーの買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐに今あなたが乗っているシボレーの買取相場が分かる上に、個人情報が流れない為、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、数年落ちのシボレーでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    シボレーの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「数年落ちのシボレーの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのシボレーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がシボレーの見積もり査定をしてくれるため、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたのシボレーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者がアメ車のシボレーを査定してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間乗ったシボレーを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した中古車の買取業者なので、外車のシボレーを売るなら他の買取業者より高額買取が実現する可能性が高いです。
    ですので、アメリカ車のシボレーであればまずはランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額を比べてみてください。

    いくつかの買取業者に見てもらった後で、最終的に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大事に乗ってきたシボレーを売りましょう。






    車買取コラム

    売却予定の中古車を査定するときには、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると査定額が高くなる傾向にあります。

    但し、古い車種でなければカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないとグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

    また、カーナビが付いているのが当然の時代ですから、カーナビ非搭載だと査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    売りに出す車を少しでも良いから高く買ってもらいたいのが皆の共通の願いでしょう。

    そんな時は、実際に査定に出す前にしっかりとキレイにしておくことが重要です。

    以前修理してもらった箇所や事故歴は消せませんし、隠そうとしてもすぐにバレてしまいます。

    ですが、車の悪臭や車内のシミ、汚れなどは幾らかは個人個人で対処することにより片付けることができるはずです。

    それから、車中は禁煙にすることがもはや常識のようなところがあるので、煙草の臭いがあると査定額が低くなることもあるので注意が必要です。

    手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、概算で数万円ほどの査定金額のアップになることが予想されます。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合ではいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    そうは言っても、売却する前に車検を通したとしても通した車検費用より多くの金額が見積金額に加算されて回収出来ることはないでしょうから、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    頼んだ買取業者のすべてからタダ同然の値段やゼロ円という査定をされてしまったら、あとに残された選択肢は多くはありません。

    廃車にするまで乗り続けるか、事故車、過走行車などを専門に扱う業者に買い取ってもらうかです。

    ワケありの車を扱う業者は買取後、その車を中古車として流通させることは少なく、使えるところは分解してでも使うというやり方で収益金を得ている点が一般の中古車屋とは違います。

    そんな業態だからこそゼロ円査定されてしまった車でも相応の値段をつけられるわけです。

    そのほか、廃車にする手続きも代行してくれるので、迷ったらこうした業者を利用すると良いでしょう。

    これから売る予定の車のホイールが純正品でない場合は、査定士が現物を見に来る前に、できるだけ純正ホイールに戻しておく方がいいでしょう。

    一般的な査定では、メーカー純正品だとプラス査定がつくことが多いのです。

    きれいな状態を保つために屋内か、でなければカバーをかけるなどして大事にしましょう。

    別注ホイールはそのコンディション次第では結構良い値段でオークションで取引される場合も多いのです。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、実際に売却する段階になれば、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。

    さらに、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、現住所と書類の住所が一致しない場合は別途書類が必要となるので業者に確認しましょう。

    車を売る気持ちが固まったらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

    中古車買取店の決算月やボーナス時などのように、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

    車が欲しいと思う人が増える時期には車の需要につられて中古車買取の相場も高くなるからです。

    そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときが高値で買取りしてもらえそうな時期と大きく離れていたときに、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    当たり前ですが、自動車売却を遅らすことで年式はドンドン上昇していきます。

    相場が上昇したことによって買取価格も上昇するでしょうが、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。

    自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。

    但し、この数値はあくまで目安ですから、年式が古い車の場合年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車を買取専門店に査定に出すときにはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと調子が悪くなってしまうのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。

    丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼してもタダみたいな値段しかつかないときは、廃車手前の車を専門に扱う業者に相談してみるのも手です。

    複数業者にタダ同然の査定結果をつけられた車も、それなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    それにもし廃車にするとしても、自分で骨折りをするのに比べたらプロに任せるほうがラクですし、なにより早いです。

    こうした専門業者の売りは、引取先に頭を悩ませることがない上、廃車手続きを代行してくれ、しかも基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。